Print Shortlink

学業と仕事のバランスをかんがえよう

現代では、シングルマザーの家庭や、父親がいても終身雇用が約束されていたはずがリストラされてしまったり想定していた給料より少なくなってしまったり、はたまた円安の影響で物価が上昇し、生活が困窮している家庭が増えています。そんな中、自分の大学の学費のためだと、大学に通いながら自分自身がアルバイトに勤しむ涙ぐましい学生が増えているのも事実です。昔と違って24時間営業のお店も増えたので、夜のアルバイトへのハードルも低くなっており、短い時間で手っ取り早く稼げるからと夜の世界に足を踏み入れてしまう大学生は今では決して珍しいことではないです。そうでなくても、例えば居酒屋とコンビニを掛け持ちしたり、学費の為寝ずに働くという現状もよくあることで、そうなると何が本業なのか自分自身わからなくなってきます。学費の為に学校がおろそかになってしまっては、本末転倒です。アルバイトに勤しみ、勉強する時間がなくなり単位を落とす、まして卒業できないレベルにまでなってしまうことも多々あるので、バランスよくこなさなければなりません。その為には、奨学金を借りてみたり、他の手段も考えてみるのもいいでしょう。もっとも、アルバイトに精を出しすぎ、そのまま正社員にならないかと声がかかれば就職まで決まってしまい一石二鳥でもありますが、それも大学を卒業していなくては意味がありません。最低限計画を立てながら、勉強とアルバイトの比率を考えて行動する事が一番大切であるといえるでしょう。

Leave a Reply